梅宮辰夫はガン克服した?

がん体質ゆえ、定期的に検査を受けているそうです。

梅宮辰夫さんがこれまでに患ったがんや、経過についてまとめました。

 

sponsored link

梅宮辰夫の経歴プロフィール

画像引用:http://news.livedoor.com/article/image_detail/14800089/?img_id=17740073

 

本名 梅宮辰夫
生年月日 1938/3/11
出生地 ハルビン市
妻 梅宮クラウディア、娘 アンナ

 

梅宮辰夫さんは大学を在学中に東宝にスカウトされ、芸能界入り。

「少年探偵団 敵は原子潜航挺シリーズ」で俳優デビューをします。

そこからは様々な作品に出て東宝のスターにまで這い上がります。

 

不良番長シリーズでは、後に盟友と言われる山城新伍さんに出会い、公私で仲のいい間柄になります。

 

そこからは若い時代にモテていた話や銀座で豪遊した過去などをモチーフにしたトークがウケ、タレントとしで活躍をされます。また、実業家、美食料理家としても知られ、本やお店を様々出品し徐々に軌道に乗っていきます。

 

また、もう一人の盟友松方弘樹さんとは大の釣り仲間で二人でマグロ釣りをして楽しむなど、朝から釣りを楽しみ、現在の妻クラウディアさんとのデートでも釣りに行くほどの熱量だったそうで、クラウディアさんは渋々付き合っていたそうです。

 

現在では、よきおじいちゃんキャラとしても活躍され、梅宮アンナさんのお孫さん、ももかちゃんの遊び相手でもありながら、嫌がられたりとイジられたりすることもあり、昔の強面のイメージから近年ではいじられキャラに変わりつつあります。

毎年年末の笑ってはいけないスペシャルでは様々なコントにも出演されています。

 

sponsored link

梅宮辰夫のがんの種類

睾丸腫瘍、胃ガン、十二指腸ガン

 

 

梅宮辰夫のがんについて

1974年、梅宮辰夫は睾丸腫瘍の診断を受けました。

肺にまで転移しており、余命が3ヶ月とまで診断されていましたが、抗がん剤による化学療法が功を奏して、奇跡的に治癒されました。

病気以降、毎晩のように銀座に飲み歩いていたのを辞め、早起きして料理するようになったといいます。

 

そんな中、毎日顔を合わせていた奥さんのクラウディアさんが梅宮さんの顔に黄疸があった為、検査を勧めます。

そこで、3つ目の癌の発覚でした。胃がんです。

早期発見だった為に手術を行い、転移も見られなかったそうです。

 

また、2016年7月には十二指腸ガンが見つかり、ステージが1から2だとされ、患部に加え胆嚢と膵臓、胃の一部を切除したことを告白していました。

手術は12時間にも及び、体重が10キロ以上も落ちました。

この病気以降、これからの人生を考えるようになったそうです。

 

 

2018年10月には、娘の梅宮アンナさんが、梅宮辰夫さんの容態について言及していました。

がん体質なので3カ月に1回、大腸と胃にポリープができる状態を何十年もやっているので…。そのたび、3カ月か半年ごとに内視鏡でとっている」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15394030/

 

定期的にポリープの除去手術を受けているんですね。

 

 

また、2018年4月には、「生前整理」として、東京都内の一等地の自宅を売却したそうです。

親友の松方弘樹さんも2017年1月に亡くなっていますし、死後のことを考えていらっしゃるのでしょうね。

近年では、仕事の量も一気にセーブされ、俳優としての活動を控え、タレントとしてトーク番組やトークショーなど、体調面に気をつけられながら、仕事をされています。

 

 

2018年3月には、ホテルで転倒し顔面を30針縫う大怪我をされたのですが、ディナーショーに来てくれた方に申し訳ないとサングラスをかけたまま、ステージに上がったそうで、とても真摯な一面が垣間見えました。

 

 

やはり高齢だけにいつまた癌になってもおかしくないですし、これまでにも手術している経験から健康にとても気を付けられていることがわかります。

病気に向き合う姿勢や、生前整理の準備など、見習いたいところが多々ありました。