渡辺謙の闘病生活は?

白血病に胃ガンを患っていた渡辺謙さん。

しかし、世間のイメージは不倫、になっているかもしれません。

 

sponsored link

渡辺謙の経歴プロフィール

名前:渡辺謙(わたなべ けん)

生年月日:1959年10月21日(現在58歳)

血液型:A型

身長:184cm

体重:80kg

出身地:新潟県北魚沼郡広神村(現在の魚沼市)生まれ

 

 

渡辺謙さんは、両親の転勤で幼少期を入広瀬村、守門村(ともに、魚沼市)、高田市(上越市)で過ごしました。

 

 

渡辺謙さんは1980年頃から劇団に入り俳優活動を開始。

1987年に出演したNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」は、平均視聴率39.7%を記録した出世作になりました。

 

その後は、数々のテレビドラマ、映画、舞台、CMなどに出演。

ハリウッド映画にも多く起用され、日本国内外で活躍している俳優です。

 

 

sponsored link

渡辺謙の家族について

渡辺謙さんは、1983年(昭和58年)にモデルとして活動されていたという女性と結婚。

2人の子供が産まれますが、2年に及ぶ調停の後、2005年3月に離婚。

元奥さんとの間に産まれた子供は、俳優として活躍する渡辺大さんと、モデル・女優の杏さんです。

 

 

その後、サスペンスドラマの共演を機に知り合った女優、南果歩さんと交際し、2005年12月3日に再婚。

 

 

南果歩さんは1995年に映画監督やミュージシャンとして活躍されている辻仁成さんと結婚しましたが、2000年に離婚したので、再婚同士の結婚となります。

南果歩さんには辻仁成さんとの間に2人の息子がおり、この2人の息子を渡辺謙さんは養子縁組をされました。

 

 

その後、一時期、南果歩さんと次男と共にロサンゼルスで生活をされていましたが、仕事で世界中を飛び回る渡辺さんと家族の時間を多く持てるようにと、考慮して家族の生活の拠点は日本に戻ります。

 

 

当初、結婚式などは挙げていませんでしたが、2010年8月結婚5年の節目にロサンゼルスで挙式をされたそうです。

 

 

しかし、2017年、妻の南果歩さんが乳ガンで闘病中に、週刊誌が元ホステスとの不倫関係を報じ、2018年5月17日離婚を発表されました。

 

渡辺謙のガンの種類

急性骨髄性白血病と胃ガン

 

sponsored link

渡辺謙の闘病生活

1987年NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で話題となった渡辺謙さんは、一気に全国的にも有名な俳優となり、テレビドラマや舞台で次々と大役を演じ活躍しました。

 

1989年、映画初主演となるはずであった「天と地と」の撮影中に血液のガンとも呼ばれている急性骨髄性白血病を発症し降板されます。

 

 

急性骨髄性白血病という病気は、本来正常な数にコントロールされている細胞がガン化して無制限に増殖し、骨髄内を占領し、血液中にもあふれ出て、正常な白血球や赤血球を追い出してしまい、体の状態が急激に悪化してしまう病気です。

 

 

現在の医学でも完治する確率は50%しかありません。

「このまま仕事を続ければ保証できる命は1ヶ月」と宣告されたそうです。

 

 

当時、渡辺謙さんは30歳。

俳優としての再起はおろか、生命も危ぶまれる状況でした。

 

入院をし、準無菌室で化学療法(抗ガン剤)を開始されます。

渡辺謙さんによると、一時はあまりの辛さで自殺も考えたそうです。

 

 

それでも希望を捨てず病気と闘い、1年に及ぶ化学療法が効果を発揮し何とか一時退院するまでの状態に回復されます。

 

 

入退院を繰り返され、発症から1年1ヶ月後の1990年9月仕事復帰されますが、この時期も万全な状態ではなかったため、大きな仕事を受けることができない状態で病院と撮影現場を行ったり来たりしながら俳優として活動する毎日だったそうです。

 

 

その後、医者から「5年間再発しなければ大丈夫」と言われましたが、5年目となる1994年に白血病が再発。

再発の際にも化学療法を受けられ、この際にも効果を発揮し完治。

1995年5月、2度目の復帰をされます。

しかし、再発の際、輸血した血液の中にC型肝炎ウイルスが混じっていてC型肝炎にも感染されています。

 

 

俳優として一躍有名になってすぐ急性骨髄白血病という病気になり、30代の大半を病気と闘うことになった渡辺謙さんですが、その後、完治されまた色々なテレビドラマや映画、舞台と俳優業で大活躍をされ現在は海外でも有名な俳優として活動されています。

 

 

しかし、また病魔は渡辺謙さんを襲います。

 

 

2016年2月、人間ドッグで早期の胃ガンが発見されます。

 

 

幸い、早い段階のものでしたので、すぐに内視鏡での手術を受け同年3月からニューヨークで公演されたミュージカルには少し遅れてのスタートとなりましたが出演されています。

 

渡辺謙の現在

2016年に当時の奥様であった南果歩さんに乳ガンが見つかります。

 

 

おしどり夫婦としても知られており、夫である渡辺謙さんは、自分自身が辛い闘病生活を経験し乗り越えていることから妻である南果歩さんを支え続けていらっしゃいました。

 

 

しかし、2017年3月、元ホステスとの不倫関係が週刊誌で取り上げられ、奥様がガンの闘病中に不倫ということで渡辺謙さんのイメージは根底から覆る状態に。

 

 

この週刊誌の記事が出てから、しばらく渡辺謙さんは沈黙を貫いていましたが、約3ヵ月後、渡辺謙さんは、週刊誌の記事を認めた上で、この女性との関係はすでに終わっているとの会見を開かれます。

 

 

このことがあってから南果歩さんとは、別居生活を送っていて離婚に向けた話し合いが始まり2018年5月離婚となりました。

 

 

このように、家族との関係は崩れてしまった渡辺謙さんですが、俳優としては変わりなく活躍していて、2018年6月には、2015年ニューヨーク、ブロードウエイで上演された「王様と私」のロンドン公演に出演されています。

 

 

また、息子である俳優渡辺大さんも、映画「ウスケボーイズ」で主演を務め、2018年10月、マドリードとアムステルダムの映画祭でともに、外国語映画部門最優秀賞主演男優賞に輝き二冠を達成。

 

 

今後も親子共に日本国内外問わず、世界で活躍する俳優となられることでしょう。